読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就労継続支援B型の日誌、記録、必要な項目

みなさんは、日々の日誌などをどうされていますか?手書きでコツコツと時間をかけて日誌を書いていますか?時間をかけて書くのも良いのですが、当社の支援日誌システムを使うことにより従業員が日誌に費やす時間を利用者との関わる時間に充てることができます。残業時間を減らせて経費削減にもなります。日々の日誌の他に、送迎記録、個別支援計画、モニタリング、ケース会議、受給者証や手帳の管理など数え切れないほど記録を残さないといけません。それらをお互いにリンクすることができ指導、監査対策が簡単にできます。どうぞよろしくお願いしま

福祉は専門職です。安易な気持ちで福祉の世界に飛び込むな!

自分中心にも限度がある!

障がい者事業所、高齢者の事業所、その他など福祉の世界に飛び込に一生懸命仕事している人はたくさんいます。

厚生労働省が新ゴールドプランというのを発表してから十年以上経ちましたが、まだまだ福祉業界の人材は不足しています。補助金や給付金が低くて給料が低いということも原因の一つです。

簡単に資格が取れてしまい、給与も似たり寄ったりの中で、少しでも給料が良い事業所に行ってしまい、人材が育たないというサイクルになっています。

従業員からしたら上から目線で仕事を選んでいます。でも全然OKです。私も同じ考えです。上から目線で職場を選びます。頑張って資格を取ったんですからね。

でもね、会社が悪いことはたくさんあります。最悪な上司も居てるでしょう。しかし、利用者にとって会社が悪かろうが良かろうが良いサービスを受ける権利があります。どんな待遇、境遇でも利用者さんへのサービスを怠ることは絶対にいきません。

昨日、恋人に振られたショックで暗い顔している奴が居たらぶっ飛ばしますね。ぶっ飛ばすのは冗談ですが、帰ってもらいます。例え大切な人が亡くなっても、職場に来るなら100%曇りのない笑顔で利用者さんにサービスしなければなりません。

うちの従業員でも私事で何かあったことを表情に出しながら仕事している時があります。そんな人と一緒に居て利用者さんは楽しいですか?元気のな利用者が居たら元気にしてあげる立場の職員が暗くてどないすんねん!!

 

コミュニケーション取れよ!分かるやろ!

まだまだ怒っています!笑

私:今日のAさん元気無かったですよね~?

職員:えっ分からないです。

私:あれ?Bさんってどこ行った?

職員:分からないです。

おい!なんでやねん!何してんねん!見とけよ!アンテナ張っとけよ!

何しに来てるの?暇つぶし?プロですよね?お金もらってるんですよね?

私も完璧な人間ではありません。まだまだ未熟でございます。

ただ私は仕事中は利用者さんの命を預かっている気持ちで仕事しています。

利用者全員とお話は必ずします。元気がなければなぜ元気がないのか探ります。

誰も勝手に外に出ないように見張っています。

利用者さんにはココに来て楽しかった、有意義に過ごせたって思って帰って頂きたいと思って仕事しています。

ですので家に帰るとぐったりです。もう死んだように疲れます。

「おはようございます!」で終わるな!「おはようございます!昨日はよく眠れましたか?面白いテレビありましたよねー」って一言二言付け加えろってね。

毎日の積極的なコニュニケーションで利用者の変化は必ずわかるはずです。

生産活動のように数で出る結果では無いのでサボろうと思えばいくらでもサボれます。

でも、楽しませてなんぼな世界。お前が居ないとアカンと管理者に言わせるぐらいの気持ちが大切だと私は思います。

 

 

専門職なんだよ!なめんなよ!

 

 

 

私はレクリエーションの盛り上げ役はできません。向いていません。恥ずかしいです。無理です。。。。。。

はぁ?もう辞めて~!さよなら~!

福祉は立派な専門職です。医者や看護師など一緒なんですよ。

注射が苦手なんですって言われたら患者側はめっちゃ嫌でしょ!看護士辞めろって言われますよね。手術するの向いてないんですって言われたら医者に自分の命を預けることができますか?できませんよね。逆に正直に言うてくれてありがとう!そしてさよーならー!

福祉という分野も同じなんです。向いていないと思った人は直ぐに辞めてください。

まぁ向いてる向いていないって自分で決めることではありませんがね。

次は楽しいお話でもしまーす♪

 ↓お時間ありましたら覗いて下さい。

shougaishafukushi.com