読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就労継続支援B型の日誌、記録、必要な項目

みなさんは、日々の日誌などをどうされていますか?手書きでコツコツと時間をかけて日誌を書いていますか?時間をかけて書くのも良いのですが、当社の支援日誌システムを使うことにより従業員が日誌に費やす時間を利用者との関わる時間に充てることができます。残業時間を減らせて経費削減にもなります。日々の日誌の他に、送迎記録、個別支援計画、モニタリング、ケース会議、受給者証や手帳の管理など数え切れないほど記録を残さないといけません。それらをお互いにリンクすることができ指導、監査対策が簡単にできます。どうぞよろしくお願いしま

利用者一括セット機能

shougaishafukushi.com

通所系では利用者の一週間のパターンは決まっています。

特に曜日では来た時間、帰る時間、送迎時間などパターンというはだいたい同じです。

そこで支援日誌では新規で日誌を作る際に便利な機能を追加しました。

 

まずは支援日誌より新規画面を開くと何も入力していない状態です。

そして、【利用者一括セット】のボタンをクリックしてください。

f:id:shougaishafukushi:20160425082538p:plain

 

ここで事業所名を選んだ後に【〇〇〇〇年〇〇月〇〇日の作業日誌を複写する】か【利用者台帳をセットする】を選択する。

f:id:shougaishafukushi:20160425081940p:plain

 

 

【〇〇〇〇年〇〇月〇〇日の作業日誌を複写する】とは

あらかじめ新規作成日の一週間前の日付に設定しています。一週間前と同じパターンで来た時間や帰った時間、健康状態や作業の内容などが入力されていますので便利です。もちろん複写する日付は選べるようになっています。

f:id:shougaishafukushi:20160425085215p:plain

 

【利用者台帳をセットする】とは

利用者の名前のみ自動で入力されます。来た時間や帰った時間、健康状態や作業の内容などは空白のままです。

f:id:shougaishafukushi:20160425085243p:plain

 

効率良く時間短縮には欠かせない機能です。

 

shougaishafukushi.com