読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就労継続支援B型の日誌、記録、必要な項目

みなさんは、日々の日誌などをどうされていますか?手書きでコツコツと時間をかけて日誌を書いていますか?時間をかけて書くのも良いのですが、当社の支援日誌システムを使うことにより従業員が日誌に費やす時間を利用者との関わる時間に充てることができます。残業時間を減らせて経費削減にもなります。日々の日誌の他に、送迎記録、個別支援計画、モニタリング、ケース会議、受給者証や手帳の管理など数え切れないほど記録を残さないといけません。それらをお互いにリンクすることができ指導、監査対策が簡単にできます。どうぞよろしくお願いしま

請求しやすい機能の紹介

今月の請求業務お疲れ様でした。

利用者様が増えることは事業所にとっても会社にとっても有り難いことです。

利用者様に対して感謝の気持ちを改めて思います。

さて、訪問介護事業をしている事業所は記録から請求をリンクできる介護ソフトの導入で二度手間などを削減して請求しています。

就労継続支援B型などの通所系の事業所は介護ソフトのように請求ソフトから請求をするメリットはあまりありません。

国保連から無料でインストールできる請求ソフトを使って請求する事業所が多いのではないでしょうか。

うちの事業所もそうです。最初はどの請求ソフトであっても使い始めは使いにくいものです。徐々に慣れてくると国保連から無料請求ソフトも使いやすいです。

しかし、利用者が増えると請求の入力ミスや時間がかかってしまいます。最悪時間がかかるのは仕方ないとして、入力ミスは避けたいですよね。

そこで当支援日誌システムはミスなく請求しやすくできるように下記の図を見ながら請求できるようにしています。

もちろん印刷(プリントアウト)できますので印刷してご活用下さい。

f:id:shougaishafukushi:20160510084337p:plain

利用者様一人/月の一覧となります。

開始時間、終了時間、送迎や食事加算など、より国保連から無料請求ソフトから請求しやすいようにレイアウトしています。

実際、私が請求業務を行っていますので、これからもどんどん請求しやすいようにレイアウトをバージョンアップしていきます。

これからもよろしくお願いします。

 

shougaishafukushi.com