読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就労継続支援B型の日誌、記録、必要な項目

みなさんは、日々の日誌などをどうされていますか?手書きでコツコツと時間をかけて日誌を書いていますか?時間をかけて書くのも良いのですが、当社の支援日誌システムを使うことにより従業員が日誌に費やす時間を利用者との関わる時間に充てることができます。残業時間を減らせて経費削減にもなります。日々の日誌の他に、送迎記録、個別支援計画、モニタリング、ケース会議、受給者証や手帳の管理など数え切れないほど記録を残さないといけません。それらをお互いにリンクすることができ指導、監査対策が簡単にできます。どうぞよろしくお願いしま

利用人数、利用日数の自動計算機能がとても便利です。

みなさん、利用者様の通所回数や事業所として1ケ月に何人の利用者様が来所されたのかをどのように集計していますか?

私は昨年度まで「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12、13、14、15、、、、、あれ?どこまで数えてたっけ?もう一回数え直しだー(涙)」

でした。職員総出で数えていましたのでミスが多くて、計算し終わっても「計算は合っているのか不安で不安で、、、(汗)」でした。しかも1年間を計算するとなると2時間以上ぐらいかかってしまいます。トホホです。

しかし、今年度から支援日誌システムを使うことで日誌を記入することで 利用者さんの1ケ月の利用日数や年間の利用日数など自動で計算してくれるのでとても便利です。

間違いは起こりません!起こりようがないのです。

支援日誌システムはマイクロソフトACCESS(アクセス)で製作していますのでデータ管理が得意なのです。

20151029_11

20151029_13
もちろん事業所サイドとして1日、1ケ月、1年間に何名利用したかを自動計算できます。

もう楽チンですので超オススメです。

shougaishafukushi.com