読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就労継続支援B型の日誌、記録、必要な項目

みなさんは、日々の日誌などをどうされていますか?手書きでコツコツと時間をかけて日誌を書いていますか?時間をかけて書くのも良いのですが、当社の支援日誌システムを使うことにより従業員が日誌に費やす時間を利用者との関わる時間に充てることができます。残業時間を減らせて経費削減にもなります。日々の日誌の他に、送迎記録、個別支援計画、モニタリング、ケース会議、受給者証や手帳の管理など数え切れないほど記録を残さないといけません。それらをお互いにリンクすることができ指導、監査対策が簡単にできます。どうぞよろしくお願いしま

データの管理について

当サイトが運営する支援日誌システムのデータ保存は基本的にパソコンに内蔵しているハードディスクで保存をしています。

もしパソコンが壊れたらデータは消えてしまい悲惨な目にあいます。

厚生労働省は紙媒体(ばいたい)ではなく電子媒体を推奨しています。

すなわち紙で保管するのではなく、パソコンで保存していきましょうというスタイルをオススメしているのです。

しかし、パソコンは壊れます。

壊れないパソコンなんてありません。

ミスをしない人はいない。

 

外部ハードディスクを購入するときに、他のパソコンからもアクセスする必要がある場合は、USB接続のハードディスクを買ってはいけません。

 

ネットワーク対応の外部ハードディスクを買う事をオススメします。

この度、JOSHIN(ジョーシン)電気屋さんで買いました。

バッファローのやつです。

約1万8千円ほど。を2個です。

1台のパソコンに2台のハードディスクは必要です。

1台が壊れても2台目があるのは安心。というか常識です。

本当に壊れたら終わりです。。。。。。どこにも文句は言えません。。。

f:id:shougaishafukushi:20170202194657j:plain

支援日誌システムの開発部門を担当している者のブログで詳しく解説していますので是非ご覧ください。

it-manual.hatenablog.com

 

それでも難しいという方は、お近くの電気屋さんにてインターネットハードディスクを同じ物を2台購入して下さい。

有料ではありますがセットアップのお手伝いさせて頂きます^^

利用者さん、従業員とその家族、施設を守る大切なデータです。

しっかり管理していきましょう。

その責任は理事長、管理者にある事をお忘れなく。

 

shougaishafukushi.com

shougaishafukushi.com