読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就労継続支援B型の日誌、記録、必要な項目

みなさんは、日々の日誌などをどうされていますか?手書きでコツコツと時間をかけて日誌を書いていますか?時間をかけて書くのも良いのですが、当社の支援日誌システムを使うことにより従業員が日誌に費やす時間を利用者との関わる時間に充てることができます。残業時間を減らせて経費削減にもなります。日々の日誌の他に、送迎記録、個別支援計画、モニタリング、ケース会議、受給者証や手帳の管理など数え切れないほど記録を残さないといけません。それらをお互いにリンクすることができ指導、監査対策が簡単にできます。どうぞよろしくお願いしま

機能の簡単な紹介

メインメニューを解りやすくしています。

 

 

20151029_1

・利用者台帳で下記の事項が管理できます。

 障害者手帳、受給者証、フェイスシート、アセスメント、ケース会議記録、

個別支援計画、契約内容報告書、代理受領、利用料領収書

 

・支援日誌で下記の項目が入力できます。

 

f:id:shougaishafukushi:20160418101927p:plain

氏名、欠席、欠席届、開始時間、終了時間、訪問、送迎、健康状態、作業内容、

支援内容及び利用者の様子、備考、記入者、管理者印

 

・管理資料で利用日数など数字で簡単データを抽出できる機能満載

 

f:id:shougaishafukushi:20160418102258p:plain

利用者の1ヶ月の利用日数、1年の利用日数、事業所として1日の利用人数などなど

色々な角度からデータを管理できます。

すべて印刷可能になります。

▼利用者利用状況一覧表(月次)

20151029_11

▼利用状況一覧表(年間)

20151029_12

▼年間利用状況明細表(年間個別)

20151029_13

 

・マスター保守

f:id:shougaishafukushi:20160418102847p:plain

 

事業所マスターの登録をすることによって複数事業所で使えるようになります。

職員マスターの登録により記入者に反映します。

運転手マスター、送迎者マスタにより送迎記録の運転手が反映します。

作業マスターを、健康状態、作業内容、利用者の様子、備考を登録すると自動にプルダウンメニューで選べるようになります。

shougaishafukushi.com