システムハウス築

就労継続支援B型ネタが多くなってくるとは思いますが、何てことのない大阪などでの日常を配信していきたいと思いますので宜しくお願いします。

お知らせのメール、LINEを送りました~。

https://shougaishafukushi.com/久しぶりの更新です。

会員様へお知らせのメール、LINEをお送りしましたのでご確認ください。

①ユーザー専用ページのパスワードを変更しました。
②特定処遇改善加算が10月1日より施行されます。

≪ユーザー専用ページのパスワードを変更しました。≫
【ユーザー専用ページURL】
https://shougaishafukushi.com/user/

【ユーザー専用ページお客様パスワード】
「●●●●●●」です。
※利用契約していないお客様はご覧になれません。
 
ご不明点などがございましたら遠慮なく中本までお気軽にご連絡ください。
迅速に対応させて頂きます。

対応時間:平日9:00~17:00

≪特定処遇改善加算が10月1日より施行されます。≫
端的にまとめると、介護職は一般企業の平均10万円以下だそうです。優秀な人材を離職させず定着してもらうために最低一人以上は年440万円もしくは月8万円の増額を目指します。もちろん条件等はありますが取得のへのハードルは比較的低いと思います。やり方や周知の方法を間違えると「なぜあの人だけ。。。」と従業員の不満などもしかしたら出てくる可能性もあります。
とにかく一度確認してみてください。↓(大阪府
http://www.pref.osaka.lg.jp/chiikiseikatsu/syougaijisien/r1-tokutei-syogu.html

10月1日開始の場合は8月末までの申請が必要です。
お急ぎ下さい。
※予約来庁か郵送のみ受付かは管轄の障害福祉課にお問い合わせ下さい。

ご不明点などがございましたら遠慮なく中本までお気軽にご連絡ください。
迅速に対応させて頂きます。

対応時間:平日9:00~17:00

 【ニュース】
 特定処遇改善加算について管轄の担当部署や都道府県、国、、、、、たくさんお問い合わせさせていただきました。担当の職員様何度もすみませんでした。セカンドオピニオンじゃないですけど私は何度も聞くのが良いことだと思っていましたが、今回の特定処遇改善加算は、職員の見解のがバラバラ?(と私は感じました)で、私自身が少し混乱しましたが、当事業所は特定処遇改善加算を取得させていただくことになりました。
私で良ければ噛み砕いて特定処遇改善換算の説明させていただきますのでお気軽にお問合せください。
今後も、御社のお役に立てるよう、魅力あるバージョンアップ、有益な情報などをご紹介できればと考えておりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

メール、LINEにて恐縮ですが引き続き、ご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

【ユーザー専用ページの更新の通知について】
ユーザー専用ページの更新をメール、LINEにてお知らせしております。
今後不要な場合はご一報くださいませ!

  【免責事項】
内容に対してなんらかの保証をするものではなく、内容や参考様式に基づくいかなる運用結果に関しても一切の責任を負いません。
必ず最寄りの管轄の都道府県知事、市町村又は市町村長の障害福祉課などの指導担当者に確認して自己責任で運用してください。

こんな感じでお知らせしてます^^

 

特定処遇改善加算など、新しい制度、現状の加算で本当に良いのかなどアドバイスさせていただきます♪

 

shougaishafukushi.com

 

7月は実地指導が2回ありました

事業所の管理者や役員が必死になって書類を整えていくのは下記の3つの理由があるからです。

 

1.指定取り消しをされたくない。

2.給付費の返金はしたくない。

3.書類の訂正、追加の作成はしたくない。

ふさぎ込む人のイラスト(男性)

この3つうち1つでも当てはまらない事業所の方なんてこの世にいませんよね。

 

7月に弊社と契約する2つの事業所様に実地指導が入りました。

もちろん事前に「7月〇〇日に実地指導に行きます」という文章が管轄の市町村より通知が来ます。

 

その2つの事業所様の共通点が指定を受けてから1年前後だったのです。

 

地域にもよりますが、一般の感覚では「1年で来るの?早くね?」です。

 

でも私の感覚では「こんなに早く実地指導が来るなんてラッキーですね!」でした。

 

埼玉ポーズのイラスト

過去何度も実地指導を経験している私としては書類の確認や作成で苦労しているのを知っています。指定後5年以上運営している事業所の書類の量と、指定後1年前後の事業所では書類の量は比ではありませんよね。

 

2つの事業所様が共通で思ったこと。

1.えっ?何か悪いことしたかな?

2.誰か(従業員さん、利用者さん)が役所に苦情とか言ったのかな?

 

です。

答えは。。。。。それは分かりません。

 

ただ一つ言えることは、本当に真っ黒な不正を疑われているなら事前に連絡せず当日急に来ます!!!すなわち「監査!」という形でです。

 

先ほどお答えしたように、答えは分かりません。が、悪いことを疑われたからだとしても、苦情があったからだとしても、実地指導は疑いを晴らすチャンスなのです。

ピストルポーズのイラスト(男性)

 

全ては「悪意があるのか?ないのか?」です。

書類の不備や抜けなど、ある程度の努力がある中ででは「悪意はない」と判断されます。

従業員が在籍していないのにも関わらず、書類上在籍している書類を作成し、それがバレてしまうと一発指定取り消しです。役所から訴えられて、刑事事件にもなり、お金の返金も余儀なくされます。

利用の給付費の不正受給も同じことが言えます。

混乱する人のイラスト(男性)

 

ここがポイントなのですが、「人」関係はめっちゃ厳しいです。

・従業員が不在なのに在籍しているようにしている。

・利用者が利用していないのに利用したようにしている。

 

言い訳も「悪意があるか、悪意がないか」は一発で判明できます。

彼らはプロです。

つい先日、月から金まで毎日、実地指導に行く職員さんにインタビューする機会がありました。

この方はまともにデスクで仕事することは週に1回あるかないかだそうで、毎日実地指導に行っておられます。

それでも指導に行けてない、時間が足りないとぼやいておりました。

そうです、管轄が大きな都市の職員さんです。

そのお方に聞くと、「悪意」という部分はすぐに分かるそうです。

実地指導という名目から、その場で「監査!」と言い、録音マイクをテーブルに置いて厳しい質問攻めを行うそうです。

※実地指導で平和に終わることを願っているのは大前提です。

銃を撃つポーズのイラスト(男性)

 

書類の不備や抜けへの指摘、改善をしてもらい、健全な運営のアドバイスをして頂ける最高の機会から一転、最悪なシナリオにならないように人員配置はしっかり毎月確認することをオススメします。

 

話を戻しますと

1.指定取り消しをされたくない。

2.給付費の返金はしたくない。

3.書類の訂正、追加の作成はしたくない。

 

1,2は悪意が見受けられたら「一発指定取り消し」ですので今すぐ人員を入れてください!今すぐ不正受給を止めてください。

 

弊社ができること3番目の「書類の訂正、追加の作成はしたくない。」です。

書類に「悪意がなければ指定を取り消されることはありません」が、できることなら書類の訂正、追加など膨大な改善をして役所に改善後の報告は避けたいですよね?

 

改善報告、今後の対策、改善した書類の確認を役所の人とずーっと指導が終わってもやり取りを続けるのは時間の無駄ですし、業務に支障が出てきます。

 

そこで弊社ができる唯一のお手伝いは「3」を完璧にする、完璧を目指す!です。

 

陰ながら応援する人のイラスト(男性)

 

指導に来る前の通知で、これだけの書類を用意してくださいねーと必要書類一覧表が添付されます。

 

想像してください。そこで初めて見る必要書類を見つけた時は悲惨です。

 

厄介なことに、必要書類一覧表で明記されている書類以上に必要な書類がたくさんあることです。

 

なぜ?ですよね。。。指導とはあくまでも指導ですので役所的には「こういうのもあったほうがいいですよ」とアドバイスも行ってくれます。

だから最悪必要書類以上の書類が無くても、おとがめはありません。

 

が!弊社ではそこですら完璧を目指します!!!プラス印象を良く見せることができる書類の作成方法を伝授していきます。

 

弊社のユーザー専用ページで公開中!!!

f:id:shougaishafukushi:20190430212739p:plain

 

「あの事業所は問題ない」となれば印象が良い事業所になり、1回の指導後は数年間放置してくれます。

印象が悪いと「ん?くさいなぁ。。。不正してるんじゃないか?今回は見つけれなかったけど来年もう一回指導で行ってみよう」とこうなります。

 毎年来る事業所さんより相談を受け、「毎年はめんどくさいなぁ。。。」と話を聞くだけでも大変さが伝わりました。

 

そうなる前に手を打ってください。

自分で調べることは可能です!!!

でも時間がもったいないから教えてほしい方はご連絡ください。

ホームページに記載しています。

 

あっ!タイトルであるように「7月は実地指導が2回ありました」ですが、無事問題なくパスできたそうです^^

 

感謝の言葉をたくさん頂きました!私も大変うれしいです♪

手でハートマークを作っている男性のイラスト

 

弊社のメゾット通り毎日コツコツ行っていただけるだけでドタバタせずパスできます。

 

よく問い合わせNo1は「どの書類が必要かわからない、自分で把握していない書類があるんじゃないか、指導に備えて書類を完璧にしておきたい」です。

やはり皆さん書類なんですね。。。。

 

「もう少しで完成します!」

「書類が追い付いてきました」

「指導で褒められました」

「ありがとうございます」

 

このようなお言葉が私の力の源になります。

 

契約して頂いた事業所の皆様の出会いに感謝

これからの出会いにワクワクです^^

 

shougaishafukushi.com

 

 

 

 

 

共生型通所介護のあまり情報がない。。。。

当事業所は障害福祉サービス生活介護事業を行っています。

今年の平成31年4月1日より共生型通所介護として、介護保険障害福祉サービスの併用の事業をおこなっています。

ピンとこないかも知れませんが、介護保険障害福祉サービスを受けている利用者さんが同じ部屋、同じテーブル、同じスタッフなど共有してサービスを受けることができる制度です。

うちの市では当事業所が「初」だそうで非常に光栄なんですが情報が少なすぎます。

介護保険の担当の人に聞いても情報がイマイチ集めれていない様子。

唯一出てきたのが下記の情報です。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000184346.html

 

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000186483.pdf

これは厚生労働省の会議の議事録で、これ以降の共生型の情報が出てるのかも不明です。

ネットで検索するとチョコチョコと出てきますが、どれが最新か分かりません。

 

本屋さんで探しても情報は得れずじまい。

 

こんなにも素晴らしい?制度なのにもったいないなぁと思います。

 

当事業所は生活介護障害福祉サービス)で内職をして工賃を稼いでいます。共生型にすることで通所介護介護保険サービス)の利用者さんも工賃を稼げるという斬新な取り組みもできます。

 

高齢者がデイサービスでお金を頂けるという仕組みです。

高齢者はカラオケやお風呂などレクリエーション、介護を充実した事業所も必要ですが、高齢者がデイサービスでお金を稼ぐという事業所もなかなか面白いと思います。

※ちなみにお金を稼ぐではなく「有償ボランティア」として

運営規定に盛り込みました。←指導・指定課のアドバイスです。

新しい制度なので情報やガイドラインがないんでしょうね。。。

 

共生型通所介護がどんどん増えたら利用者さんが笑顔になれるような気がする制度のご紹介でした。

 

第一号としてどんどん面白い取り組みをしていきますよ^^

shougaishafukushi.com

 

 

個別支援計画未作成減算にご注意!

【個別支援計画未作成減算にご注意!】

個別支援計画未作成減算は基本報酬単価の30パーセント減算です。

1日だけ30パーセント減算???

足を引っ張る人のイラスト(棒人間)

いいえ!!!大間違いです!

簡単な例で説明します。

4月1日適応で次回は10月1日までに作成、適応だとしましょう!

それを10月2日に作成、適応した場合は1日だけ減算?

いえいえ!!!違います!

たとえ10月2日に作成、適応しても10月まるまる1か月間は減算になります。

例えば定員20人以下で(七)の場合は562単位×約10円=5,620円

Aさんは月に20日間通所した場合

5,620円×20日間=112,400円が本来の報酬ですが、30パーセント減算となると、78,680円となります。

すなわち112,400円-78,680円=33,720円が減算となります。

33,720円です!!!!

個別支援計画を作成していない事業所は、だいたいは一人だけ作成していないわけではなく、多数人作成していません。

もし10名作成してないかったら337,200円減算ですし、20名なら674,400円減算です。

それを3か月作成するの忘れてた!!!なんてことになると、674,400円×3か月=2,023,200円です。

200万円オーバー!!!

 

そんな悲劇を防止するための作成のコツなどユーザー専用ページでお伝えしています。

 

shougaishafukushi.com

 

パスワードは契約者様のみ配布しております。

 

弊社のシステムで、それらを踏まえて↓このように作成できます。

システムを使いこなすルールではなく就労継続支援B型や個別支援計画の作成するためのノウハウをマスターできます。

本日はここまで^^

shougaishafukushi.com

ユーザー専用ページに新しい項目が追加されました。


f:id:shougaishafukushi:20190430212739p:plain

システムに個別支援計画関係のメニューが追加されることによりユーザー専用ページに新しい項目が追加されました。

f:id:shougaishafukushi:20190430183641p:plain

どんどん良くなってきています^^

shougaishafukushi.com

 

 

個別支援計画のメニューが追加されます。

f:id:shougaishafukushi:20190430183641p:plain

ゴールデンウィーク明けの5月7日よりアップデートを行います。

タイトルであるように個別支援計画のメニューが追加されます。

弊社オリジナルのメゾットによりスムーズに個別支援計画の作成に取り掛かれます。

 

あるお客様には私が手取り足取り個別支援計画の作成のメゾットを伝授しました。

チェックさせていただくとパーフェクトです。

 

私自身なかなか出向いてまで。。。という遠方のお客様でも簡単に私の秘伝を伝授したいと存じます。

 

マニュアル作成の方が手こずっていますが先行してアップデートをさせて頂きます。

自分でアップデートをする自信がないお客様には弊社が遠隔操作にてアップデートさせて頂きます。

 

監査・指導対策で形上でお願いしますってお問合せして頂いたお客様が大半です(笑)

が、最後は利用者さんの幸せ、福祉の心も伝授させて頂いているつもりです。

 

自然と「就労継続支援B型」ってこういう制度だったんだって~ってよく言われます!!!

 

今、の契約者さま専用の「ユーザー専用ページ」にて伝授していきます。

 

ブログではチラ見しかできません。ご了承ください。

 

低価格でのご提供のため、少人数のスタッフで対応しております。

実際に就労継続支援B型を運営している私たちが自信を持って提供するシステムです。

 

年度初めによりお問い合わせが急増しております。

 

現在の契約者様へのサービス低下になるようでしたら数に限りを設けるかもしれません(-_-;)

 

契約者様がこの記事を読んでいたらお解かりになると思います。。。

対応はきめ細かくさせていただいております!!!

 

ですので限界が。。。笑

 

ぜひ、お早めにお問い合わせください。

 

shougaishafukushi.com

 

 

 

相談受付表について【就労継続支援B型編】

相談受付表について

書類を渡している・受け取っている人のイラスト(女性)

エクセルアイコン相談受付表

↑ダウンロードしてプリントアウトください!

※会員の方のみユーザー専用ページにてダウンロードできます。

 

相談受付表だけではありませんが、こういった書類の作成や保管は事業所(自分)自身を守るということを決して忘れないでください!

めんどくさい!というの本音かも知れませんが、いつか必ずこの書類1枚があなた(事業)を救いますよ!

私の言葉を信じてください!

さて、前置きはこの辺にしてと。

先生をしている人のイラスト(棒人間)

みなさんこんにちは!システム太郎です。

就労継続支援B型事業所に初めて利用者さん候補になりえる人、その家族、相談支援員さんなど想像の範囲を超える方面からの問い合わせもあるかも知れません。

利用者確保の営業においても相談受付表は大切な役割を果たします。

少し話はズレますが、私は利用者確保の営業をたくさんします!

また違う記事で深く掘り下げて話していきますが、私が外で営業をしていると時に「アポなしでいつでも見学にきてくださいね♪」なんてことを言います!

その営業の成果が出て、アポなしで事業所に見学に来た利用者さん候補の人に、受付表にてニーズや相談内容、名前などを聞き取ること営業部隊に報告することで連携が取れたり、営業部隊のモチベーションアップにも繋がります。逆にちゃんと対応しないとせっかくの営業も報われません。

営業は報われないことなんて多々あり仕方ない部分もあるのですが、初めましての見学を対応した職員の対応方法が悪くて報われないのは涙ちょちょ切れものです涙

そんな営業部隊の部分もあるのですが、一番は利用者さんになるかならないかはココで決まると言っても過言ではありません。

極端な話、営業は最悪ポスティングもできますが、見学対応は機械やロボットではできません。

そして、見学者が「ココでは利用できないな!」と断られたときが一番気を付けなければいけないのです。

手を挙げる棒人間のイラスト

「最高の形でサヨナラしよう!」

私は常に「最高の形でサヨナラしよう!」を目指して見学、相談を受け付けます。

 

続きはユーザー専用ページで解説しております!! 

【ユーザー専用ページURL】
https://shougaishafukushi.com/user/

※契約者様以外は見れません。すみません。。。。土下座。。。

 

ご不明点などがございましたら遠慮なく中本までお気軽にご連絡ください。
迅速に対応させて頂きます。

対応時間:平日9:00~17:00
 

【ニュース】

もう少しで個別支援計画の簡単作成システムとマニュアルが完成します!

会員様には無料でアップデートや情報提供させていただきますね。

 

 

 

shougaishafukushi.com